乳癌に対する化学療法は、個々の患者に適した治療の提供がより重視されるようになり、実現に向けさまざまな取り組みが行われている。pCR(病理学的完全奏効)を目標にした初発乳癌に対する術前化学療法、再発抑制を目標とした術後化学療法、予後改善やQOLの改善を目標とした再発乳癌のそれぞれにおいて、個々の患者に合わせた治療強度や薬剤の変更が行われている。

乳癌の化学療法でさらなる個別化を目指す取り組み進むの画像

ログインして全文を読む