切除不能膵癌に対してFOLFIRINOXやゲムシタビン+nab-パクリタキセルが使われるようになり臨床成績は大きく向上し、現在承認されている薬を使い切ることが予後延長につながることがわかってきた。また全身化学療法だけでなく、導入化学療法後の化学放射線療法の開発も進んでいる。抗腫瘍効果の高い化学療法によって切除不能から手術適応へコンバージョンする可能性も高くなっているが、それに伴う問題点も見えてきた。

切除不能膵癌も薬剤を使い切ることが重要の画像

ログインして全文を読む