今年の米国臨床腫瘍学会での胃癌、大腸癌に関する発表は、いまだに免疫チェックポイント阻害薬の話題が花盛りでした。良好なデータが発表されていましたが、期待していたほどの結果ではありませんでした。また、免疫チェックポイント阻害薬の演題が増えた一方で、新しい抗癌剤の試験の話はほとんどなく、残念に思いました。

壁に当たる胃癌の免疫チェックポイント阻害薬の画像

ログインして全文を読む