新規薬剤の導入により多発性骨髄腫の治療成績は近年大きく向上し、同種造血幹細胞移植(allo-SCT)が適応されるケースは限られてきている。その一方で、ハイリスクの患者では、allo-SCTを含む集学的治療を考慮する必要があることも指摘されている。

多発性骨髄腫への新規薬剤の導入で同種移植の適応は?の画像

ログインして全文を読む