EGFR T790M変異陽性の非小細胞肺癌(NSCLC)に対し、第3世代EGFR-TKIのオシメルチニブは化学療法に比べて無増悪生存期間(PFS)を有意に延長することが明らかになっています。それに加えてオシメルチニブは肺癌症状の悪化を遅らせQOLを改善することが、AURA3試験の患者報告アウトカム(PRO)解析で示されました。この結果は5月5日から8日までスイス・ジュネーブで開催されたEuropean Lung Cancer Conference(ELCC2017)で報告されました。

NSCLCの長期生存に向けて各世代EGFR-TKIの特徴が明らかにの画像

ログインして全文を読む