胃上部の早期胃癌に対する術式として、長年論点となっているのが「胃全摘術と噴門側胃切除術のどちらが適切か」である。噴門側胃切除術は、胃全摘術に対する縮小手術として行われ、近年増加傾向にあるが、逆流性食道炎や残胃癌のリスクなどが課題とされており、最適な再建法についても標準術式は定められていない。

噴門側胃切除術と胃全摘術、cStage I上部胃癌に選択すべき術式は?の画像

ログインして全文を読む