「胃癌治療ガイドライン」は第5版の発行に向けて改訂作業が進んでいる。これまでの胃癌治療ガイドラインは系統的に治療法を提示する教科書形式で作られてきたが、今回の改訂ではMinds形式も取り入れる。また昨今のエビデンスに基づいて化学療法の記述は大きく変更され、推奨度とエビデンスレベルが付記される。外科的切除と内視鏡的切除の内容も、最新の臨床試験結果を基に変更される予定だ。

今秋発刊予定の胃癌ガイドライン改訂版、化学療法レジメンの推奨度に注目集まるの画像

ログインして全文を読む