腹腔鏡下肝切除術が国内外で急速に進展している。きっかけとなったのは、2014年に岩手県盛岡市で開催された第2回腹腔鏡下肝切除術国際コンセンサス会議(ICCLLR2014)。この会議では、2014年8月までに発表された463の論文から、腹腔鏡下肝切除術が行われた計9527症例のデータをベースに検討が行われ、推奨文が作成された。

腹腔鏡下肝切除術が国内外で大きく進展、膵臓でも始動の画像

ログインして全文を読む