分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬の臨床応用が進み、切除不能進行・再発胃癌の治療は多様性を増してきた。治療法が確立していなかった腹膜転移に対する臨床試験も進み、また手術可能例への術前化学療法あるいは肝転移例に対する治療開発も行われている。希少な遺伝子異常の解析や免疫モニタリングも実現しつつあり、胃癌治療はより個別化に近づいてきた。

多様性増す切除不能進行・再発胃癌の治療の画像

ログインして全文を読む