AURA3試験は、1次治療のEGFR-TKIで進行したEGFR T790M変異陽性非小細胞肺癌(NSCLC)患者を対象として、第3世代のEGFR-TKIであるオシメルチニブとプラチナダブレットを比較した初の第III相のランダム化比較試験です。日本も参加しています。

新世代のEGFR-TKIで変わる肺癌治療の画像

ログインして全文を読む