分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬の導入で、非小細胞肺癌の治療成績は向上し続けている。それに比べ、肺癌全体の10-15%を占める小細胞肺癌の治療はあまり大きな進展が見られなかった。しかし最近、小細胞肺癌にも新たな治療の波が押し寄せつつある。

小細胞肺癌治療の新たな幕開けの画像

ログインして全文を読む