癌に対する有効な化学療法薬や分子標的薬が次々と登場している一方で、腎障害があるために有効な治療が受けられない、薬物療法の有害事象として腎障害が発生し、治療が継続できなくなるといった問題も発生している。これまで薬物療法を受ける癌患者の腎障害やその予防に焦点を当てたガイドラインはなく、実地臨床での対応は各施設や医師の経験、治験の情報などに基づいて行われてきた。

癌薬物療法による腎障害を防ぎ、有効な治療を継続するためにの画像

ログインして全文を読む