近年胃癌の薬物療法においては、一次治療、二次治療の選択肢が増え、術後補助化学療法でも新たな選択肢が登場している。現在は3剤併用療法の検討が進行中であるとともに、免疫チェックポイント阻害薬など新規薬剤だけでなく、すでに承認された薬剤の適応拡大や併用療法を目指す臨床試験が続々と行われている。

最新エビデンスに基づく胃癌治療の在り方の画像

ログインして全文を読む