残胃癌は、良性潰瘍などの良性胃疾患の手術後あるいは胃癌手術後5年以上経過して、残胃に発生した癌と定義されている。これまでは良性疾患による残胃癌がほとんどだったが、患者の高齢化や胃癌切除後の予後改善に伴い、胃癌手術後の残胃癌が増加しつつある。しかし残胃癌に対する治療方針は確立しておらず、胃癌手術後の残胃癌をどのように治療するかが課題となっている。

残胃癌の治療は脾摘と術前補助療法が今後の焦点にの画像

ログインして全文を読む