クリゾチニブは、ALK融合遺伝子陽性の進行非小細胞肺癌(NSCLC)の治療薬として複数の国で承認され、米国ではROS1融合遺伝子陽性のNSCLCにも承認されています。

ROS1融合遺伝子陽性肺癌におけるクリゾチニブの効果を東アジアで確認の画像

ログインして全文を読む