肺癌治療において、患者さんにメリットのある重要な指標は、治癒しないという前提条件においてですが、生存期間が延長すること、そしてQOLが改善することです。

ニボルマブによるNSCLCの2次治療は生存延長とQOL改善を達成の画像

ログインして全文を読む