ALK阻害薬による治療歴がないALK転座陽性非小細胞肺癌(NSCLC)に対し、ALK阻害薬アレクチニブは、有効性においても、安全性においても、クリゾチニブに比べて優れていることが、日本人患者を対象とした無作為化オープンラベルフェーズ3試験J-ALEXで明らかになりました。

ALK転座陽性非小細胞肺癌での比較試験でアレクチニブが優位性を証明の画像

ログインして全文を読む