多くの悪性腫瘍は加齢に伴って発症頻度が高まり、前立腺癌や膀胱癌ではその特徴が顕著となる。先進国の中でも高齢化が急速に進んでいる日本では、高齢の泌尿器癌患者に対する治療戦略の構築が必須である。

治療前評価で目指す、高齢者泌尿器癌の多様性を考慮した治療戦略の画像

ログインして全文を読む