AACR(American Association for Cancer Research)年次集会が4月16日から20日までニューオリンズで開催されました。学会全体として、やはり免疫チェックポイントに関する話題が多かったように思います。中でも免疫システムに関連した低分子の研究が盛んに発表され、低分子阻害薬の早期試験が開始されているものもありました。免疫チェックポイント阻害薬との併用により相乗効果が示されたものもあり、低分子阻害薬と既存の抗体薬の併用も期待できると思います。

免疫システムに関連する低分子阻害薬の開発が目白押しの画像

ログインして全文を読む