前立腺癌に対する薬物療法はホルモン療法が中心であり、化学療法はホルモン療法が効かなくなった去勢抵抗性前立腺癌(CRPC)の治療法と考えられてきた。しかし転移を有する患者に対しては早期から化学療法を使うことが、欧州泌尿器科学会(EAU)の新たな前立腺癌ガイドラインで推奨されることとなった。

転移を有する前立腺癌には化学療法を早期に使うの画像

ログインして全文を読む