日経メディカル癌Expertsは、進行大腸癌の薬物治療に関する調査を行った。対象は、日経メディカルオンライン会員登録情報として消化器内科、消化器外科を選択している医師(調査期間:1月21日から2月4日、告知対象者は1万5886人)。

RAS野生型大腸癌の1次治療でベバシズマブ使用の場合は半数が増悪後も継続使用【癌Experts調査】の画像

ログインして全文を読む