今年初めて、ESMO ASIA 2015がシンガポールで開催されました。その中で特別シンポジウム「Translating emerging therapeutics into clinical use」が開かれ、当日は5人の演者が免疫とゲノムに焦点をあてた講演や、血管新生阻害、癌幹細胞に関する最先端の研究を紹介しました。

消化器癌治療の開発ターゲットはdriver geneからホストの免疫抑制系へ【ESMO ASIA 2015】の画像

ログインして全文を読む