第56回日本肺癌学会学術集会のシンポジウム「肺癌新治療の費用対効果」では、日本赤十字社医療センター化学療法科の國頭英夫氏と横浜市立大学大学院医学研究科臨床統計学講座の山中竹春氏が座長を務め、5人の演者がそれぞれの立場から講演した。

費用対効果から考える肺癌治療のあり方【肺癌学会2015】の画像

ログインして全文を読む