胃癌に対する手術は、定型化、低侵襲手術に向けて進展している。腹腔鏡下幽門側胃切除術は、cStage I症例に対する日常診療の選択肢として推奨されるようになった。より繊細な手術が可能とされるロボット支援胃切除術も、2014年9月に先進医療Bに承認され、有用性を検証する多施設共同臨床試験が現在進行中である。

胃癌治療の最新知見【消化器外科学会2015】の画像

ログインして全文を読む