切除不能進行・再発胃癌に対する治療選択肢が拡がりつつある。ファーストライン治療では、2014年9月よりオキサリプラチンが保険適応の対象となり、2015年3月20日に承認された。CapeOX療法(カペシタビン+オキサリプラチン)、SOX療法(S-1+オキサリプラチン)などのレジメンが推奨されている。セカンドライン治療においても、2015年3月26日に、抗VEGFR-2抗体製剤ramucirumabが治癒切除不能な進行・再発胃癌を対象に承認された。

座談会 進行胃癌に対する化学療法の最新動向の画像

ログインして全文を読む