進行大腸癌に対する2次治療として、FOLFIRIとramucirumabの併用療法はFOLFIRIとプラセボの併用療法よりも全生存期間(OS)を有意に延長することが、フェーズ3試験RAISEで明らかになり、今年のGastrointestinal Cancers Symposium(ASCO-GI 2015)で発表されました。

2次治療におけるFOLFIRIへのramucirumab追加でOS延長【ASCO-GI2015】の画像

ログインして全文を読む