ALK陽性肺癌に対して、ALK阻害薬クリゾチニブは標準的な化学療法に比べ有意に無増悪生存期間(PFS)を延長することが、ファーストライン治療としての有効性を検証したPROFILE 1014試験およびセカンドライン治療のPROFILE 1007試験で明らかになっています。

脳転移のあるALK陽性肺癌でもクリゾチニブは第1選択薬に【ESMO2014】の画像

ログインして全文を読む