進行非小細胞肺癌(NSCLC)の1次治療として、ALK阻害剤であるクリゾチニブは、標準療法であるシスプラチンもしくはカルボプラチンとペメトレキセドの2剤併用療法に比べ、ALK陽性患者において、再燃までの時間をより延長できることが、今年の米国臨床腫瘍学会(ASCO)で報告されています。

アジア人でクリゾチニブによる1次治療の有用性を確認【臨床腫瘍学会2014】の画像

ログインして全文を読む