転移性腎細胞癌の治療、特にファーストライン治療から使用可能な新しい薬剤として、血管内皮増殖因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬(VEGFR-TKI)であるパゾパニブが、日本でもいよいよ使用可能になりました。

転移性腎細胞癌の治療選択を考える上で考慮すべきことの画像

ログインして全文を読む