切除不能進行再発大腸癌における抗EGFR抗体薬の最近の大きなトピックスの1つは、RAS野生型に投与患者を限定することで、抗EGFR抗体薬のベネフィットを受けられる患者を絞り込むことが可能になったこと、同時に、ベネフィットが得られない患者を選別することの再現性が得られたことです。

RAS野生型を選んで投与する個別化医療の時代への画像

ログインして全文を読む