かつて入院での投与がほとんどだった抗がん剤治療は、現在では投与レジメンの工夫や制吐剤など支持療法の進歩、そして分子標的薬や経口剤の登場により一昔前とは大きく変わり、外来での投与や自宅での経口剤服用など、より簡便になってきた。

家庭での抗がん剤曝露防止―患者・家族もほんのちょっとの心がけをの画像

ログインして全文を読む