乳がんを患って、乳房や脇の下のリンパ節を切除した場合、切除した側の腕(上肢)にリンパ浮腫や腕を動かしたときの痛み、皮膚のひきつれ感が起こる。こうした腕の症状は、術後から腕の運動やマッサージによって予防することができる。

乳がん術後の腕や肩の障害を防ぐマッサージ・運動のポイント Vol.3の画像

ログインして全文を読む