胃ろう(PEG)は、水分や栄養を経口的に補給できない状態にある場合、消化しやすい食事や人工の栄養剤を胃に直接注入する栄養吸収経路として造設する。がん患者では、腫瘍によって経口摂取ができなくなった場合、放射線療法や化学療法によって一時的に経口摂取ができなくなると予測される場合にPEGの造設が考えられる。ここでは造設後のPEGの管理について解説する。

PEGの管理【動画解説】の画像

ログインして全文を読む