米国食品医薬品局(FDA)は7月10日、12歳以上のMSI-HまたはdMMRの進行大腸癌で、フルオロピリミジン系抗癌剤、オキサリプラチン、イリノテカンの投与歴のある患者を対象に、ニボルマブとイピリムマブの併用療法の迅速承認を行った。

MSI-HまたはdMMRの進行大腸癌を対象にニボルマブとイピリムマブの併用療法が米国で迅速承認の画像

ログインして全文を読む