アステラス製薬は7月10日、免疫チェックポイント阻害薬による治療歴のある局所進行または転移を有する尿路上皮癌患者を対象としたフェーズ3試験EV-301において、抗体-薬物複合体であるenfortumab vedotinの最初の患者への投与が開始されたと発表した。

進行尿路上皮癌を対象としたenfortumab vedotinの臨床試験が進展の画像

ログインして全文を読む