ヤンセンファーマは7月2日、ブルトン型チロシンキナーゼ阻害薬イブルチニブについて、未治療を含む慢性リンパ性白血病(小リンパ球性リンパ腫を含む)への適応拡大が厚生労働省から承認されたと発表した。従来は、再発または難治性の慢性リンパ性白血病が対象だった。

イブルチニブが未治療の慢性リンパ性白血病にも使用可能にの画像

ログインして全文を読む