アストラゼネカは7月2日、PARP阻害薬オラパリブについて、化学療法治療歴のあるBRCA遺伝子変異陽性かつHER2陰性の手術不能または再発乳癌への適応拡大が、厚生労働省から認められたと発表した。日本初の遺伝性乳癌の治療薬となった。

化学療法治療歴のあるBRCA遺伝子変異陽性かつHER2陰性の手術不能または再発乳癌にオラパリブが適応拡大の画像

ログインして全文を読む