アストラゼネカは7月2日、抗PD-L1抗体デュルバルマブが、切除不能な局所進行の非小細胞肺癌(NSCLC)における根治的化学放射線療法後の維持療法を適応として、厚生労働省から製造販売承認を獲得したと発表した。

切除不能な局所進行NSCLCの根治的化学放射線療法後の維持療法でデュルバルマブが承認の画像

ログインして全文を読む