スイスNovartis社は6月29日、キメラ抗原受容体(CAR)発現T細胞を用いたCAR T細胞療法CTL019(tisagenlecleucel)について、成人の2ライン以上の全身療法を受けた再発・難治性のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)と25歳までの難治性または2次以降の再発B細胞性急性リンパ芽球性白血病(B-ALL)を対象に、欧州医薬品庁の医薬品委員会(CHMP: Committee for Medicinal Products for Human Use)が承認に肯定的な意見をまとめたと発表した。

CAR T細胞療法CTL019がDLBCLとB-ALLを対象に欧州で承認に肯定的意見の画像

ログインして全文を読む