米Puma Biotechnology社は6月29日、欧州医薬品庁の医薬品委員会(CHMP: Committee for Medicinal Products for Human Use)が、成人の早期のHER2過剰発現/増幅乳癌でトラズツズマブによる術後補助療法終了から1年以下の患者を対象に、不可逆的pan-HERチロシンキナーゼ阻害薬neratinibについて、延長術後補助療法として投与することの承認に、肯定的な意見をまとめたと発表した。

早期のHER2陽性乳癌における術後トラスツズマブ療法後の追加療法としてneratinibが欧州で肯定的意見を獲得の画像

ログインして全文を読む