英AstraZeneca社と米Merck社は6月27日、BRCA変異を有する進行卵巣癌の1次治療の維持療法としてPARP阻害薬オラパリブを投与すると、プラセボを投与した場合よりも無増悪生存期間(PFS)を有意に延長できたと発表した。無作為化二重盲検プラセボ対照多施設フェーズ3試験SOLO-1の結果示された。同社は今回の結果を持って各国で適応拡大申請を行う予定。

BRCA変異を有する進行卵巣癌1次治療後の維持療法としてオラパリブがPFSを有意に延長の画像

ログインして全文を読む