1次治療としてイリノテカンベースの化学療法と抗EGFR抗体セツキシマブを投与し、2次治療でオキサリプラチンベースの化学療法とベバシズマブを投与したRAS/BRAF遺伝子野生型進行大腸癌の3次治療として、イリノテカンとセツキシマブの再投与を行う場合に、3次治療の前にリキッドバイオプシーを行うことが有用である可能性が明らかとなった。イリノテカンとセツキシマブの3次治療での再投与を評価したフェーズ2試験CRICKETのトランスレーショナルな解析の結果、示されたもの。

進行大腸癌へのセツキシマブの3次治療での再投与にリキッドバイオプシーによる選択が有効な可能性【WCGC2018】の画像

ログインして全文を読む