局所進行または転移を有する膵癌患者に対し、ゲムシタビン単独療法と比べてnab-パクリタキセルとゲムシタビンの併用療法は、QOLのスコアを良好に長期間維持する可能性があることが、フェーズ2のランダム化クロスオーバー試験、QOLINPACから示された。6月20日から23日までスペイン・バルセロナで開催されているESMO 20th World Congress on Gastrointestinal Cancer(WCGC2018)で、ベルギーUniversity Hospitals LeuvenのG Chiritescu氏が発表した。

nab-パクリタキセル+ゲムシタビンは進行膵癌患者のQOLの維持に寄与する可能性【WCGC2018】の画像

ログインして全文を読む