3期の治癒切除胃癌に対する術後補助化学療法として、S-1+ドセタキセル併用療法がS-1単独療法よりも無再発生存期間(RFS)を有意に延長した無作為化フェーズ3試験、JACCRO GC-07(START-2)の詳細が明らかとなった。6月1日から5日まで米シカゴで開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO2018)で、名古屋大学の小寺泰弘氏によって発表された。

3期の治癒切除胃癌に対する術後補助化学療法はS-1+ドセタキセルが標準に【ASCO2018】の画像

ログインして全文を読む