切除不能肝細胞癌(HCC)にマルチキナーゼ阻害薬レンバチニブと抗PD-1抗体ペムブロリズマブの併用投与が有望であることが明らかとなった。両剤を併用したフェーズ1b試験で、忍容性が確認され高い抗腫瘍効果が認められた。6月1日から5日まで米シカゴで開催されている米国臨床腫瘍学会(ASCO2018)で、国立がん研究センター東病院の池田公史氏によって発表された。

切除不能肝細胞癌にレンバチニブとペムブロリズマブの併用投与が有望【ASCO2018】の画像

ログインして全文を読む