転移を有する腎細胞癌において、腫瘍減量を目的とした腎摘除術の後にスニチニブを投与する標準的な方法に対し、スニチニブの単独投与で非劣性が示され、腎摘除術を行う意義はないことが、ランダム化フェーズ3試験CARMENAで明らかになった。フランスHopital Europeen Georges-PompidouのArnaud Mejean氏らが、6月1日から5日まで米シカゴで開催されている米国臨床腫瘍学会(ASCO2018)のプレナリーセッションで発表した。

転移性腎細胞癌のスニチニブ投与下では腫瘍量を減らす腎摘除術は不要【ASCO2018】の画像

ログインして全文を読む