客観的な指標(T分類やFuhrman分類グレード)に基づいた再発リスクが高い腎細胞癌(RCC)において、スニチニブ術後補助療法は有効であることが、無作為化二重盲検フェーズ3試験S-TRACの追加解析で確認された。フランスBordeaux University HospitalのAlain Ravaud氏らが、6月1日から5日まで米シカゴで開催されている米国臨床腫瘍学会(ASCO2018)で発表した。

客観的な指標による再発リスクが高いRCCでスニチニブの術後補助療法は有効【ASCO2018】の画像

ログインして全文を読む