既治療の進行胃腺癌に対して、抗VEGF-R2抗体ラムシルマブと抗PD-1抗体ニボルマブの併用が有効な可能性が明らかとなった。国内で実施されたフェーズ1/2試験の予備的な解析結果で、安全性に関する新たな問題は認められず、有望な抗腫瘍効果が確認された。6月1日から5日まで米シカゴで開催されている米国臨床腫瘍学会(ASCO2018)で、がん研有明病院の高張大亮氏によって発表された。

既治療の進行胃腺癌にラムシルマブとニボルマブの併用が有効な可能性【ASCO2018】の画像

ログインして全文を読む