ホルモン受容体(HR)陽性HER2陰性の進行乳癌患者において、パルボシクリブと内分泌療法の併用は、ベースラインからの無病期間(DFI)や無治療期間(TFI)の長さ、初回診断時または再発時のLuminalのサブタイプに関わらず、PFSが延長することがわかった。この結果は、PALOMA2試験とPALOMA3試験の長期追跡結果を用いた合同解析(joint analysis)で示された。

HR陽性HER2陰性進行乳癌に対するパルボシクリブ+内分泌療法の有用性を確認、PALOMA2、3試験の合同解析【ASCO2018】の画像

ログインして全文を読む