ALK遺伝子転座を有する(ALK陽性)進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者に対し、アレクチニブと抗PD-L1抗体アテゾリズマブの併用は、受容可能な安全性プロファイルとみられ、新たな安全性の懸念は観察されず、早期の有効性の結果は有望であることが、フェーズ1b試験から示された。6月1日から5日まで米国シカゴで開催されている米国臨床腫瘍学会(ASCO2018)で、韓国Seoul National University HospitalのDong-Wan Kim氏が発表した。

ALK陽性進行NSCLCに対するアレクチニブとアテゾリズマブの併用、毒性は受容可能で効果も有望【ASCO2018】の画像

ログインして全文を読む